ネオサイトワンデーシエルが出たんだね

値段はちょっと高くなるけど、ネオサイトワンデーシエルってのも出たんですよ。今までのほどシンプルではないんだけど、これが3トーンってことで注目でしょう。
こういうのってレンズのデザインだけみると何だか不思議な感じというか、実際につけるとどうなるのかちょっと分かりにくいけど、さすがに計算されているようで、着けるととにかく馴染むって感じでしょう。

14.2mmというサイズなんで以前の14.0mmのシリーズより少し大きめです。
でもこのサイズもかなり人気があるんです。
このわずかな差でも見た目ではだいぶ変わったりします。14.2mmになると大きすぎるという人と、それでも小さいという人もいますから、好みですね。

ネオサイトワンデーシエルは、シエルブラウンとシエルグリーンだけなんです。2色展開って少ないと思うかもしれませんが、ナチュラル系なんで、あまり違う色があっても売れないでしょうけどね。
大人の女性はもちろん、できればあまり派手になりすぎたくない人にはちょうどいいと思いますよ。

着色直径が13.6mmというのも見ておいたほうがいいでしょう。eyemakeなんかは確かdia14.0mmだけど、着色直径は13mmより小さかったような気がします。
レンズの大きさ自体は0.2mmしか変わらないけど、着色直径はそれ以上の差があることもあるでしょう。
出来ることなら、レンズは小さいにこしたことないと思ってます。フチの透明部分が少なければ少ないほど私は好きなんです。
レンズが小さいほうが目に優しいと思ってるからです。
3トーンで自然に見える工夫がされているシエルシリーズは今かなり人気が出てるみたいですね。楽天とかでもレビューの数がすごいですから。レビューをみていくと思うんですが、他のナチュラル系とはこう違うというのをうまく皆さんコメントされているなってこと。私hあ文章を書くのが得意ではありませんので、シンプルな意見になってしまいます。

ただでさえ乾く目にカラコンでさらに乾く

よく最近ドライアイって言葉を耳にします。単に目が乾くだけの状態ではないようですが、詳しいことは分かりませんがこれは目が乾くとかそういう状態より酷いみたいです。
スマホやパソコンを凝視してるとまばたきの回数が減ります。
自分でも分かりますが、気づいたらまばたきしてないなってことがあります。
特に動画なんかを見てるとついついじっと見つめてる時間が長くなってしまってます。どのくらい減るのかは知りませんが、かなり減ってそうです。
実は、まばたきと涙の量ってすごく密接にかかわってるのです。まばたきをすると涙の分泌されるそうなのですが、当然まばたきが少なくなるような生活をしてると目が乾きやすくなるというわけです。

私の場合はすごく緊張しやすく、人見知りをするので、そういう場面でまばたきが減って目が乾きます。目が乾いた状態が続くと、傷がつきやすくもなるようです。

裸眼でもそういう状態になるのにましてカラコンをつけたりするとさらに乾燥を避けることが出来ません。
そこでみんな使ってる目薬って手もあるんですが、これは正しい情報かこれから調べたいのですが、本来自分の目の機能として涙が分泌されるのに、そうではなく、目薬で補ってばかりいると、その機能が衰えるって聞いたことがあります。血管収縮剤とうのが入ってるってのも何かで見ましたがどうなんでしょう。
ではどうすればいいのか。カラコン選びと着ける日数がかかわってきます。
ネオサイトワンデーシエルのように小さめのにしたほうが負担は少ないでしょうし、乾きもましかもしれません。毎日着けるより、1週間に2回とか3回程度のほうがましだと思います。

本を読むことも多いのですが、ずっと長時間読むのではなく、1時間に1度くらいは目を休めてあげるだけでも違うんでしょうね。遠くを見るにもまわりはビルばかりなんでそう簡単でもないですけど、そのくらいの距離の建物みるだけでも違うのかも。
ワンデーって便利だし、だんだん年とともにワンデーの小さめのに変わってくるのかな。

コンタクトに検査は必須と思うべし

10月にもなると夜暗くなるのが早くなってきましたね。
確か12月の20日頃が一番昼が短かった気がします。
視力が悪いと、矯正してたらいいのですが、暗くなってくると目がよく見えなくなってきます。
子供の頃も、教室で天気の悪い日のほうが黒板の字が見えにくかったのを覚えています。
今日はコンタクトレンズと検査のことです。検査といっても大げさなのことではなく、眼科で受けるものです。

コンタクトを眼科で作るとなると、いろいろと調べてくれます。視力はもちろんですが、眼圧とかもなのかな。
これは自分では分からないこともあるので、とても重要なんでしょう。
ベースカーブもそうですが、レンズをその場でつけてみて見え方や付け心地を合わせていく感じです。
通販でカラコンを買うとなると、もし眼科で検査を受けないとなると、とりあえず自分の感覚で買うことになるでしょう。
これはとても危険なことです。
付け始めても、定期的に検査をして異常がないかを知る必要があります。
実はコンタクトレンズをつけている人の中ではすでに目の障害が出てる人もいるようです。それがカラコンともなるとさらに数字は大きくなるのではないでしょうか。
どのくらいの人がカラコンをつけながら眼科にもきちんと通ってるのか知りませんが、友達が行ってないからとかそういう理由で行かないのは怖いです。

最初に検査を受けるのは言うまでもありませんが、3ヶ月たったらまた行って診てもらって、かなり面倒です。
でもそのくらい面倒なことがあっても付けたいと思うならいいですが、面倒なことは嫌なので眼科には行かないけど、カラコンは通販で買いたいと思うなら気をつけたほうがいいですね。
周りの友達なんかがいろいろお世話やいてくらたらいいですが、それが当たり前になっているようでした怖いですね。

最近も某調査では、カラコンの危険性がさらに指摘されています。ネオサイトシリーズは直径が小さいとはいえ長時間付け続けてるとどうしても目の負担を避けることができません。
ちょっとでもいいので、つける時間を短くできたらいいですね。

これぞカラコンの定番はネオサイト

定番って言葉をよく使うけど、カラコンでいうとネオサイトシリーズなんかが当てはまるかな。
他にも一杯あるけど、確かにデザインも価格も魅力があるから買い続けるし、定番と呼ばれるようになるんでしょうね。

ワンデーの場合は特に価格は重要でしょう。
長期使用だったり、使える期間が長い分、少しくらい高くてもまあいいかなと思ったりしますが、ワンデーの場合はそうはいきません。
もちろん、めったにつけない人ならいいかもしれませんが、週に2回くらい着けるなら、1回あたりのコストは計算することも多いのではないでしょうか。

ネオサイトワンデーシエルは少し高めだったと思いますが、他のシリーズで30枚で3,000円をきってるのもあります。
これはかなりの激安価格だと思いますよ。

他の定番カラコンといえば、キャンマジとかエバーカラーとかでしょうか。このあたりもワンデーはありますが、ネオサイトほど安くはないと思います。
もちろん魅力は価格だけではなく、多くの人が求めるナチュラル系もあるということは大きいとおもう。
どのくらいの人がカラコンを付けてるか知りませんが、私の印象としては、かなりの人がナチュラル系をつけてるのではないかと思います。
個人輸入の相当大きいタイプのレンズをつけてる若い女性もいますが、多くはばれない程度のにしてるのではないかと。

私はどっちが絶対いいってことは言えませんが、疲れやすいのは大きいほうでしょうから、年齢とともに次第に小さいのを求めるようになるのではないかと推測します。
目は本当に大事です。視力がいいにこしたことありませんが、どうしても生活環境が近くのものを見る傾向になってきています。
昔はそれこそ遠くをみることも多かったでしょうけど今は違いますからね。
特に暗い部屋でスマホの画面見てるとすごく疲れます。
何だか話がそれてきたので今日はこれくらいにしておきます。